葉緑素(クロロフィリン)の薬理作用

投稿日時 2015-02-18 17:29:42 | カテゴリ: お知らせ



日本美容医学研究会では、肌のお手入れに当初どのような成分のものが最適かの研究を重ね、葉緑素のクロロフィリンと酸化亜鉛、ヒフを保護する医薬品、ウィルソンパスタ(軟膏)に着目しました。これらの物質は昼夜継続して使用してもヒフ細胞が受け入れてくれるものです。あくまでもヒフに直接働きかけてヒフを正常に保つための医薬部外品から出発した、美顔教室のための化粧料です。

葉緑素(クロロフィリン)の薬理作用
創面の肉芽増殖作用
求心性治癒現象
細胞、組織賦活作用
増血作用
毛細血管拡張作用
細菌繁殖阻止作用
脱臭作用
抗アレルギー作用
鎮痛、鎮静作用
活性酸素消去作用
抗酸化作用
ダイオキシン吸収抑制、排泄促進作用
など。




くろろたいむにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.chlorotime.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.chlorotime.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=34